MENU

極度の人見知りを持つ方の特徴とは|和らげるポイントを解説 【円滑に仕事を進める】

会社員は基本的に人と関わりながら仕事を進めていく。たとえ人と関わるのが苦手であっても、人と話せる習慣はあった方が良い。
しかし、なかには極度の人見知りでコミュニケーションがとれない方もいる。それが常態化すると、業務に支障をきたす恐れがある。
仕事を円滑に進めるためにも、極度の人見知りの方は和らいだ方が良い。

そこで本記事では、極度の人見知りになる方の特徴を紹介しつつ、和らげるポイントを解説していく。

目次

  1. そもそも人見知りとは
  2. 極度の人見知りになる方の特徴
  3. 極度の人見知りを和らげるポイント
  4. 極度の人見知りを和らげるポイント
目次

そもそも人見知りとは

人見知りとは、初対面の方や大勢の方がいる場に立った際、不安に襲われる方を指す。人見知りの方は一定数いるが、度合いは人によって異なる。

とくに極度の人見知りの方は、緊張して何も話せない。この状態になると、商談先や顧客と話せなくなり業務に支障をきたす。自分の首を絞めないためにも、極度の人見知りになっている方は和らげた方が良い。

極度の人見知りになる方の特徴

ここからは、極度の人見知りになる方の特徴を紹介していく。

周囲への警戒心が強い

周囲への警戒心が強い方は、相手の様子を伺いながら話す習慣がつく。相手を意識するあまりイメージ通りの会話ができなくなる。その結果、話すことに嫌気がさし、極度の人見知りになってしまう。

自分に自信が持てない

自分に自信が持てない方も、極度の人見知りに多く見られる。「自分が発言しても意味がない」と決めつけてしまい、思い切った行動がとれない。次第に自分から話しかけることが減り、極度の人見知りになってしまう。

すぐに緊張する

すぐに緊張する方は、言葉が出てこなくなる。積み重なると、人前で話すのが怖くなってしまう。結果、極度の人見知りになる。

世間体を気にする

世間体を気にするのも、極度の人見知りの方に多い。良い恰好をしようと、変に意識する。自身の悪い部分を隠そうとするあまり、気が張ってしまう。最終的に自然体で接することができなくなり、極度の人見知りになる。

視線を逸らすことが多い

視線を逸らすことが多いと、視線を逸らすのが当たり前になる。会話よりも視線を逸らすことを意識し、自分の会話に集中できなくなる。その結果、思うように話せなくなり、極度の人見知りになってしまう。

相手に興味・関心がない

相手に興味・関心がない方は、自分のことばかり話す。すると、相手のことを考えずに話す習慣ができる。

知っている相手であれば、分け隔てなく話せる。しかし初対面の方が現れた途端、緊張して口数が少なくなってしまう。結果、極度の人見知り状態になる。

ここからは、極度の人見知りになる方の特徴を紹介していく。

正しく行動すれば、極度の人見知りは和らぐ。最後に、和らげるためのポイントを紹介していく。

語彙力を鍛える

語彙力を鍛えれば言葉のボキャブラリーが増えるため、臨機応変に返答の仕方を変えられる。自分に自信がついて、会話が楽しくなる。結果、緊張せずに話せる状態ができて、極度の人見知りを和らげるのに役立つ。

ちなみに語彙力を鍛えるには、以下のことを心掛けると良い。

様々な本を読む

様々な本を読めば、あらゆる言葉を覚えていく。結果、語彙力を鍛えるのに役立つ。ちなみに本を読むときは、様々な著者の本を読んだ方がいい。様々な表現方法を知ることができ、語彙力アップに役立つ。

アウトプットの機会を増やす

アウトプットの機会を増やせば、自分なりの言葉で話す習慣ができる。相手に合わせて言葉を変える習慣ができるため、様々な言葉を使うようになる。結果、語彙力を鍛えるのに役立つ。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次